明治42年の台風

災害年月日
1909年08月06日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月5日夜、川之石の漁船8席64人が土佐沖に出漁中、台風による激しい風波のため船は全滅し、死者39人を出した。この時以来、土佐沖への出漁は次第に衰えていった。土佐じけの生存者の体験談が掲載されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、36頁及び42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土佐じけ 川之石 死者 体験談
NO.
愛媛5131

よく似た災害

明治42年の台風

明治42年(1909)8月5日、台風が紀州沖を通過、6日九州中部を横断し、東シナ海に出た。宇和海は相当にしけた。(「愛媛県史概説」による)川之石の漁船... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日午前8時頃より降雨、加えて東風起こり、10時頃暴風雨となったが、午後1時風向が東北に変じ風雨とも止む。これより河水は次第... 続きを読む

天保5年の台風

天保5年(1834)8月6日、昼頃より余程降り出し、風に次第に大雨に相成り、夜半頃止む。2,30年以来の大風。(「かどや日記」より) 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日6時、台風が土佐沖を通り宮崎北方に上陸した。天気が急変したため漁民の遭難が多かった。下川口村誌には「漁民大難100人余、... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月4日より7日まで降雨、6日午前1時より東風となり次第に暴風雨となって、9日午前4時になって風勢やや衰え、8時頃東南風に転じ、... 続きを読む