明治42年の台風

災害年月日
1909年08月05日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月5日夜、川之石の漁船10隻82人が土佐沖に出漁中、台風による激しい風波のため船は全滅し、死者37人を出した。この時以来、土佐沖への出漁は次第に衰えていった。(保内町誌による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「合併10周年記念版 八幡浜市史 第2巻 自然環境編 民俗・文化編 産業経済編」(八幡浜市、2018年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
愛媛9185

よく似た災害

明治42年の台風

明治42年(1909)8月5日夜、川之石の漁船8席64人が土佐沖に出漁中、台風による激しい風波のため船は全滅し、死者39人を出した。この時以来、土佐沖... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月5日、台風が紀州沖を通過、6日九州中部を横断し、東シナ海に出た。宇和海は相当にしけた。(「愛媛県史概説」による)川之石の漁船... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日6時、台風が土佐沖を通り宮崎北方に上陸した。天気が急変したため漁民の遭難が多かった。下川口村誌には「漁民大難100人余、... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、大いに干し。挿苗不能のため、野村組は雨乞い千人踊を行う。(保内町誌による) 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風が土佐清水市に上陸した。西日本で死者768人、行方不明者202人を出したが、高知県の死者は1人であった。 続きを読む