大正10年の台風

災害年月日
1921年07月13日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
大正10年(1921)7月13日朝、台風は高知に上陸し、四国を横断して日本海に出た。県下は12日夜から13日にかけて暴風雨となり、降水量は東予で150ミリ前後、他は100ミリ以下であった。海上及び沿岸では風力が強く、帆船の転覆、河川の氾濫、家屋の倒壊などかなりの被害が出た。(「愛媛県史概説」による)四阪島の最大風速29.2m。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5266

よく似た災害

大正10年の台風

大正10年(1921)7月13日、台風により、帆船の転覆、河川の氾濫、家屋の倒壊など、かなりの被害あり。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

大正7年8月8日の台風

大正7年(1918)8月8日、台風により、陸上ではほとんど被害はなかったが、海上では汽船または帆船の遭難があった。(気象庁「気象要覧」による)/県内の... 続きを読む

大正9年7月の台風

大正9年(1920)7月24日9時頃から、台風による風雨が強くなり、16時には最大風速、18時には最低気圧に覆われた。22時頃から雨が強くなり、22時... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月18日~21日、デラ台風。雨量はあまり多くなかったが、時速60kmで接近してきたため、風力が強く海上で大災害。(西条市自然災... 続きを読む

大正6年11月の強風

大正6年(1917)11月5日早朝、暴風が特に西讃方面で強く、陸上では稲籾が落ちて多少の被害が出た。海上では丸亀市沖で帆船及び漁船各1艘が難破し、高松... 続きを読む