大正10年の台風

災害年月日
1921年07月13日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
大正10年(1921)7月13日、台風により、帆船の転覆、河川の氾濫、家屋の倒壊など、かなりの被害あり。(「愛媛県史概説」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5428

よく似た災害

大正10年の台風

大正10年(1921)7月13日朝、台風は高知に上陸し、四国を横断して日本海に出た。県下は12日夜から13日にかけて暴風雨となり、降水量は東予で150... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風が南予から四国を横断し、愛媛県で死者17人、家屋全壊流失236戸、家屋浸水7,798戸などの被害が出た。(「愛媛県... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日~16日、台風により、新居浜で最大風速22.8m、海上は大しけでかなりの災害を受けた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

大正13年の台風

大正13年(1924)9月11日~12日、台風により、瀬戸内海及び沿岸では暴風となり、死者、住居倒壊、船舶の沈没・流失出る。(「愛媛県史概説」等による... 続きを読む

明治13年の台風

明治13年(1880)9月15日、予讃両国に大風水害あり、惨状を極めた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む