昭和20年の阿久根台風

災害年月日
1945年10月10日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月10日夜以来、台風20号(阿久根台風)により、北風が強く、大雨が降り続いた。午後にやや弱くなったが、依然止まず、川は増水が甚だしく、込山方面の土手を越えた。夕方にようやく雨が止んだ。午後7時より雨が加わり、大暴風となった。(「伊方村日誌」による)伊方町の総降水量403ミリ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
阿久根台風 込山 伊方村日誌
NO.
愛媛5287

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、重信川の堤防は各所で決壊した。上高柳でも内土手を含めて3箇所で決壊し、川原と化した。 この後、重... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、雨量は長者681ミリ、池川562ミリ、越知578ミリで、仁淀川は大洪水となった。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、山岳部の雨量は700ミリという豪雨となり、大被害があった。期間降水量は692.9ミリに及んだ。(... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、東予の雨量は600ミリ以上となった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日14時22分、台風が鹿児島県阿久根町に上陸した。徳島県下の雨は7日から始まり、8日余留に最も激しく、10日夜まで続い... 続きを読む