昭和3年の豪雨

災害年月日
1928年06月25日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和3年(1928)6月25日~28日、豪雨により、大洲町、八幡浜町周辺は総降水量が400ミリを越し、被害が発生した。(「愛媛県史概説」による)また、町見では豪雨のため、田畑が浸水の危険に瀕した。(「町見郷土誌(阿部記録)」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 愛媛県史概説 町見郷土誌 阿部記録
NO.
愛媛5339

よく似た災害

昭和28年の豪雨

昭和28年(1953)6月25日~29日、梅雨前線が活発になり、豪雨のため、近年まれな被害を起こした。南予では総降水量500ミリに達した所もあった。(... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風は大隅半島に上陸し、同夜九州北部を通過し、中国西部を経て日本海に出た。高潮があった。宇和島の総降水量279ミリ。(「... 続きを読む

昭和27年7月10日の豪雨

昭和27年(1952)7月10日~11日、四国南岸に停滞していた梅雨前線の活動が北上し活発になり、総降水量200ミリ前後の豪雨があり、大水害となった。... 続きを読む

昭和31年の豪雨

昭和31年(1956)6月30日から7月1日にかけて、梅雨前線の活動が活発になり、豪雨のため、かなりの被害があった。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日、台風は紀州沖から九州中部を横断し、東シナ潰に出た。宇和海は相当にしけ、漁船に被害が出た。(「愛媛県史概説」による)6日... 続きを読む