昭和56年の大雪

災害年月日
1981年02月22日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
雪害  
概要
昭和56年(1981)2月22日、大雪により、八幡浜観測所の最深積雪22cm。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛5545

よく似た災害

昭和55年の大雪

昭和55年(1980)12月30日、大雪。八幡浜観測所の最深積雪28cm、農作物(果樹の樹体)に被害。30日に雪害対策本部を設置、被害総額700万円。... 続きを読む

昭和42年の大雪

昭和42年(1967)12月30日、大雪。伊方中学校観測所の最深積雪25cm、30日の最低気温-2℃。 続きを読む

昭和52年の大雪・低温

昭和52年(1977)2月17日~19日、大雪、低温。伊方中学校観測所の最深積雪18cm、最低気温17日に-5.4℃。 続きを読む

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)、干ばつ。降水量は8月3.5ミリ、9月33.6ミリであった(八幡浜観測所調)。 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)、干ばつ。降水量は7月17.1ミリであった(八幡浜観測所調)。 続きを読む