昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県伊方町(三崎町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、九州東部と中四国地方は大暴風雨となった。三崎町でも被害が大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三崎町誌編集委員会編「三崎町誌」(三崎町、1985年)、24頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5644

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、高潮と暴風雨の被害があり、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は36.8m/sであった。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月25日~26日、伊勢湾台風により、三崎町でも被害が大きかった。 続きを読む

昭和31年の台風9号

昭和31年(1956)8月17日、台風9号により、特に風害が大きく、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は東南東45.0m/sであった。 続きを読む

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)8月25日~29日、台風10号により、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は33.3m/sであった。 続きを読む

昭和43年の台風16号

昭和43年(1968)9月24日~25日、台風16号により、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は23.3m/sであった。 続きを読む