昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、記録的な暴風雨となり、諸川氾濫し、大災害を受け惨状を極めた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
愛媛5579

よく似た災害

昭和18年の豪雨

昭和18年(1943)7月21日~24日、記録的な暴風雨となり、連続の降雨で諸川氾濫し、大災害を受け、惨状を極めた。当地方でも麦が立ったまま芽をふく(... 続きを読む

明治13年の台風

明治13年(1880)9月15日、予讃両国に大風水害あり、惨状を極めた。(「愛媛県誌稿」による) 続きを読む

明治13年の台風

明治13年(1880)9月15日、予讃両国に大風水害あり、惨状を極めた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治13年の風水害

明治13年(1880)9月、予讃両国にわたり風水害あり、惨状を極めた。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、東予地方の山間部では豪雨となり、宇摩、新居郡、特に別子銅山では大規模な山崩れが続出し、死者512人、家屋... 続きを読む