寛政2年の火災

災害年月日
1790年09月29日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
火災  
概要
寛政2年(1790)8月21日夜、魚棚三丁目より出火して、魚棚三丁目及び本町三丁目で24軒が類焼した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 上巻」(吉田町教育委員会、1971年)、279頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 魚棚 本町
NO.
愛媛6033

よく似た災害

寛政3年の火災

寛政3年(1791)10月昼、本町一丁目より出火し、本町一丁目で23軒、裏町一丁目で40軒、裏町二丁目で22軒を焼失し、その他大工町の屋敷を全焼した。... 続きを読む

延享3年の火災

延享3年(1746)12月6日、中須賀から出火し、城下の家屋2,600余軒が類焼した。 続きを読む

元文5年の火災

元文5年(1740)2月29日、本町三丁目から出火、600軒余焼失。侍屋敷7軒及び藩長屋2筋もこれに含まれる。町民は享保17年以来「九年に三度の大火」... 続きを読む

元文5年の火災

元文5年(1740)2月29日本町三丁目から出火、類焼600軒余、侍屋敷7軒及び藩長屋2筋も含まれる。町民は享保17年以来、9年に三度の大火と嘆いた。... 続きを読む

明治13年の大火

明治13年(1880)11月16日、魚町三丁目より出火、類焼10軒、死傷6人。 続きを読む