昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県宇和島市(津島町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により不連続線の活動が活発になり、九州東海岸、四国及び中国地方は記録的豪雨となった。特に愛媛県では降雨が激しく、その中でも南予地方の降雨量が多く、21日~24日の宇和島の総降水量は942ミリに達した。このため、岩松川は氾濫し、濁流は堤防を越えて一面の海と化し、家屋の流失も多く、河口の岩松は特にひどい状態であった。県下の被害は死者114人、負傷者127人、行方不明20人、家屋の全壊1,132戸、半壊1,453戸、流失911戸等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
津島町誌編さん委員会編「津島町誌 改訂版」(津島町、2005年)、605-606頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 不連続線 豪雨 岩松川 死者
NO.
愛媛6652

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により不連続線の活動が活発になり、九州東海岸、四国及び中国地方は記録的豪雨となった。特に愛媛県では降雨が... 続きを読む

昭和16年の台風15号

昭和16年(1941)8月15日、台風により、那賀川支川の桑野川が氾濫し、阿南市の新町橋付近は一面の海と化した。 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月、国分川の大洪水が、岡豊村常通寺島附近の堤防を2箇所決壊し、南岸の越流水が加わり、中島等を一面の泥水の海と化し、下流の大津村... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)8月、暴風雨による増水にため、物部川西岸の堤防が決壊して、遠く稲生まで一面の大海と化し、農作物や人家に被害が多かった。 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月、台風により、中村町の被害は全壊4戸、流失1戸、田畑111町歩、桑園56町歩、橋梁流失2箇所であった。幡西、渭南地方の惨状は甚... 続きを読む