大正2年の集中豪雨

災害年月日
1913年07月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  
概要
大正2年(1913)7月、集中豪雨のため僧都川の堤防が決壊し、平城でも家屋の浸水があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、265頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 僧都川 堤防決壊 平城
NO.
愛媛6679

よく似た災害

昭和24年の集中豪雨

昭和24年(1949)7月24日、集中豪雨により、本篠川の堤防が決壊し、家屋の一部流失や半壊、浸水11戸、田畑流失約2反、土石流1町歩、浸水田畑約3町... 続きを読む

大正元年の集中豪雨

大正元年(1912)9月23日、3日間にわたる集中豪雨により、三野村では美馬郡境の高瀬谷や清水地区の西の箸ヶ谷が増水し、なかでも明治中期に築いた高瀬谷... 続きを読む

昭和21年6月の集中豪雨

昭和21年(1946)6月、集中豪雨により、香宗川の堤防が決壊した。徳王子・岸本平野は水没し、出穂期の水稲は収穫皆無になった。 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月、台風7号後の集中豪雨により養老川が決壊し、台風20号で再度決壊した。 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、集中豪雨により、全壊家屋が安田6戸、草壁3戸、苗羽2戸、床下浸水1,700戸などの被害が出て、内海町に災害... 続きを読む