大正2年の水害

災害年月日
1913年07月00日
市町村
愛媛県愛南町
災害種類
風水害  
概要
大正2年(1913)7月、集中豪雨のため僧都川の堤防が決壊し、田畑の流失や家屋の浸水があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、353頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 僧都川 堤防決壊
NO.
愛媛9150

よく似た災害

大正2年の集中豪雨

大正2年(1913)7月、集中豪雨のため僧都川の堤防が決壊し、平城でも家屋の浸水があった。 続きを読む

昭和24年の集中豪雨

昭和24年(1949)7月24日、集中豪雨により、本篠川の堤防が決壊し、家屋の一部流失や半壊、浸水11戸、田畑流失約2反、土石流1町歩、浸水田畑約3町... 続きを読む

大正7年の風雨

大正7年(1918)、大川郡では強風、豪雨のため、田畑の浸水、家屋の流失、稲の倒伏等の被害が大であった。 続きを読む

大正7年9月の風水害

大正7年(1918)9月14日の風水害により、死者17人、行方不明4人、負傷者4人、河川決壊226箇所、河川破損8箇所、道路決壊112箇所、橋梁破損3... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日から30日にかけて、暴風雨により生比奈村の堤防が決壊し、住家の流失1戸、倒壊18戸、半壊18戸、床上浸水91戸、床下浸水... 続きを読む