大正9年の豪雨

災害年月日
1920年08月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月、豪雨による大洪水のため僧都川が氾濫し、観栄橋を含むほとんどの橋が流された。城辺でぎおん祭りの斗牛がひらかれていたが、集まっていた人たちが帰るのに、橋が流されて困ったということから、いかに急な洪水であったかが分かる。郡内各地で大きな被害を受けたが、御荘でも家屋の流失6戸、浸水173戸、田畑の流失約9ha、道路堤防の破壊121箇所に及び、復旧に数年もかかる大被害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、265-266頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 僧都川 観栄橋
NO.
愛媛6681

よく似た災害

大正8年の豪雨

大正8年(1919)7月4日、停滞していた梅雨前線が低気圧に刺激されて、豪雨となった。南予で100ミリ前後の降雨となり、水害を受けた。(「愛媛県史概説... 続きを読む

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて、連続40余時間の豪雨により、雨量は平地で300ミリ以上に達し、川・池の堤防は決壊し、濁流水が田畑、家... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、暴風雨により、湯山第2小学校が流失、百余戸被害を受けた。このほか、橋の流失など被害多数。(「松山工事事務所40周年記念... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水。当時7歳の人が書いた手記が掲載されている。この手記には、洪水時に流木や牛が流れていた様子や、小学校の教室の壁に... 続きを読む

大正8年の豪雨

大正8年(1919)7月4日、南予で100ミリ前後の降雨となり、水害を受けた。 続きを読む