大正9年8月の洪水

災害年月日
1920年08月15日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町、御荘町)
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月15日、台風が四国西部を通過し、御荘では15日224ミリ、16日247ミリ、17日117ミリの連続降雨に見舞われた。この豪雨のため僧都川が氾濫し、観栄橋など僧都川に架かる橋の多くは流され、濁流は堤防を越えて人家や田畑に大きな被害をもたらした。この水害で城辺村全体が水浸しになった。御荘村では家屋の流失6戸、浸水173戸、田畑の流失約9ha、道路堤防の破壊121箇所に及び、復旧に数年もかかる大被害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、356頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 僧都川 洪水
NO.
愛媛9155

よく似た災害

大正2年の水害

大正2年(1913)7月、集中豪雨のため僧都川の堤防が決壊し、田畑の流失や家屋の浸水があった。 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月、豪雨による大洪水のため僧都川が氾濫し、観栄橋を含むほとんどの橋が流された。城辺でぎおん祭りの斗牛がひらかれていたが、集まって... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)7月2日、集中豪雨のため、蓮乗寺川は氾濫し、僧都川は至る所で堤防が決壊し、田畑を押し流し、人家を襲った。また、海岸地帯では各所でが... 続きを読む

大正9年7月の洪水

大正9年(1920)7月29日、一本松村で大洪水となり、田畑の流失68町歩、死者1人の被害が出た。一本松村では、大正2年(1913)の洪水で被害を受け... 続きを読む

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて、連続40余時間の豪雨により、雨量は平地で300ミリ以上に達し、川・池の堤防は決壊し、濁流水が田畑、家... 続きを読む