昭和2年の台風

災害年月日
1927年09月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  
概要
昭和2年(1927)9月、暴風雨のため、中浦で死者1人。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、266頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中浦 死者
NO.
愛媛6682

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日~30日、暴風雨のため、土庄町北浦渕崎地区で死者8人、負傷者多数を出した。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日~29日、暴風雨のため被害多し。別子銅山の死者512人、負傷者26人。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

昭和30年1月の暴風雨

昭和30年(1955)1月20日、暴風雨のため、岩城港の桟橋破損。 続きを読む

文化12年の台風

文化12年(1815)、暴風雨のため凶作。 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月、大暴風雨により、御荘町その他各地で家屋が倒壊し、圧死者も出た。御荘町内の死者は中浦1人、菊川1人であった。 続きを読む