明治29年の火災

災害年月日
1896年08月13日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
火災  
概要
明治29年(1896)8月13日、西外海村船越の中心部から火災が発生し、50余戸を焼失する大火事となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西海町誌編集委員会編「西海町誌」(西海町、1979年)、471頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 船越
NO.
愛媛6762

よく似た災害

明治40年の火災

明治40年(1907)9月18日、那賀郡橘浦村(阿南市)で大火災があり、200余戸を焼失、被害は20万円に及んだ。(「富岡警察署沿革誌」による) 続きを読む

明治25年の大火

明治25年(1892)3月15日、南八坂町より出火、50余軒を焼失する大火となった。 続きを読む

平成元年の鵜島の山火事

平成元年(1989)4月16日、山火事により、鵜島の総面積の3分の1を焼失する大火災となったが、家屋や人身被害はなかった。 続きを読む

昭和22年の火災

昭和22年(1947)11月2日午後6時45分頃、須崎市西町で火災が発生し、木造網納屋16棟、工場1棟を全焼する大火となり、数人の負傷者が出た。 続きを読む

昭和53年の五剣山火災

昭和53年(1978)4月9日、異常乾燥注意報発令中に、五剣山の牟礼町側のふもとから火災が発生し、庵治町にも及んだ。庵治・牟礼両町の山林約150haを... 続きを読む