天文10年の洪水

災害年月日
1541年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(土居町)
災害種類
風水害  
概要
天文10年(1541)、洪水があり、その時神殿より鏑矢が飛び出て西方の山上に止まった。村民はこれを見て西山に逃げた。果たして川は3箇所崩壊して、家屋、土地が流亡した。(「伊予温故録(蕪崎神社伝記)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、6頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 伊予温故録 蕪崎神社伝記
NO.
愛媛6771

よく似た災害

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨、大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が埋没して死亡し、2戸が流失した。また、相川... 続きを読む

天正元年の洪水

天正元年(1573)9月17日、洪水があり、柳森神社は籠田郷の旧社地が崩壊して二神の像が漂流して、今の社地の柳木の上に懸かった。(「伊予温故録(柳森神... 続きを読む

正徳元年11月の津波

正徳元年(1711)11月、東讃で津波が起こり、人々は山に逃げた。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月5日より15日まで、度々の洪水で、作物は大損害を蒙り、町内の水高は地上より6尺となり、人々は2日間も山中に逃げた。 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)の南海地震で、地震後に火災が発生したが、津波を心配してみな山に逃げたため宿毛の町が焼けた。(「宿毛市史」による)地震後には火の始末... 続きを読む