享保17年の洪水

災害年月日
1732年07月01日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
享保17年(1732)閏5月10日、雨が打ち続き諸川で出水、郡役人その他がそれぞれ水防場所に罷り出る。久米郡和泉村の池等が所々損壊、温泉郡畑寺村大洲原池堤が切れる。その他川筋では大損害はなかったが、堤が切れ田に砂入、水押数々あった。(「松山叢談(西岡家記)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、29頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 堤防決壊 松山叢談 西岡家記
NO.
愛媛6829

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日、堤が切れて、下町は大洪水となった。 続きを読む

享保19年の洪水

享保19年(1734)、洪水のため、神田、庄、波田で立岩川の土手が切れた。その後も土手が切れるたびに、付近の住民は普請をしたが、立岩川の治水は年貢負担... 続きを読む

元禄15年の風雨

元禄15年(1702)7月28日、大風雨に伴う洪水により、潮江並びに弥右衛門堤が切れる。 また、8月1日、暴風雨により潮江堤が切れて潮が浸入した。 続きを読む

元禄2年7月17日の洪水

元禄2年(1689)7月17日、肱川で洪水、増水量約23.9尺。御城内はじめ御家中屋敷その他川筋村破損多し。(肱川水害年表による) 続きを読む

享保11年の風水害

享保11年(1726)9月22日~23日、風水害により、吾井郷堤が数箇所切れ、土崎の汐留堤切れる。 続きを読む