享保17年の長雨

災害年月日
1732年06月00日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)5月上旬より霖雨降り続き、6月に入っても止まず、7月上旬に漸く晴れ間を見せた。60日間にわたる大雨で領内一帯の河川は皆氾濫決壊し、天候不順のため、7月以来は浮塵子の大発生に至った。享保17年の伊予郡松山領内の米の収穫は合計21石に過ぎなかったという。(「愛媛県農業史」による)/春以来多雨、5月及び閏5月に3回洪水、夏秋に浮塵子が族出、稲禾青色なく収穫皆無。(「伊予風水害小史(宇和島御記録抜書)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、29頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
長雨 洪水 愛媛県農業史 伊予風水害小史 宇和島御記録抜書
NO.
愛媛6830

よく似た災害

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月下旬から6月にかけて霖雨が降り続き、田畑にウンカが発生した。このため、7月中旬には伊予郡の野良には一本の青草も見られなかった... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日から7月上旬まで雨降り止まず、次いでウンカが発生した。物価が騰貴し、飢饉となり、享保17年11月19日に藩が幕府出した... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日頃から7月上旬まで雨が降り続き、7月中旬には稲が枯れくさり、その上虫害が加わって餓死者を出すほどの重大事に立ち至った。... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日頃から7月上旬まで雨が降り続き、7月中旬には稲が枯れくさり、その上虫害が加わって餓死者を出すほどの重大事に立ち至った。... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月より9月まで霖雨、淫雨といわれた長雨が続き、うんかが大発生したことにより、作物はまったく実らなかった。この年は江戸時代を通じ... 続きを読む