天保2年6月の洪水

災害年月日
1831年07月12日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
天保2年(1831)6月4日、大風雨、洪水、田畑620町を損ず。(「伊予風水害小史(宇和島覚書)」による)/12月朔日、当夏の大風雨により、御損毛16,024石余の御届。(「松山叢談(某家記)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、50頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 風雨 伊予風水害小史 宇和島覚書 松山叢談
NO.
愛媛6919

よく似た災害

文政9年6月の洪水

文政9年(1826)6月6日、大雨、水層22尺5寸。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による)/6月6日、肱川で出水、大洲で水位23尺。(「大洲警察署記... 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)夏、干ばつ。12月23日、御領分、当夏の干ばつのため、田畑不熟、御損毛74,508石の御届あり。(「松山叢談(某家記)」による) 続きを読む

文化3年の干ばつ

文化3年(1806)夏、干ばつ。12月22日、御領分、当夏の干ばつにより、田畑損毛高13,432石の御届あり。(「松山叢談(本藩譜)」による) 続きを読む

寛政4年7月の洪水

寛政4年(1792)7月26日、風雨、洪水。12月12日、御領分、当7月26日、大風雨により田畑の御損毛52,609石余の御届あり。(「松山叢談(増田... 続きを読む

文化11年の干ばつ

文化11年(1814)夏、干ばつ。12月26日、当夏以来、旱損により田畑不熟、損毛高46,107石余の御届書が老中に差し出された。(「松山叢談(増田家... 続きを読む