文政8年6月の洪水

災害年月日
1825年07月18日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
文政8年(1825)6月3日、大雨、洪水、河川堤防決潰、市之坪押し流され、出合辺海の如し。潰家500軒、山崩れ1,024箇所、損毛4万石に余る。(「松山叢談」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、33頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
大雨 洪水 堤防決壊 山崩れ 松山叢談
NO.
愛媛7069

よく似た災害

文政8年の洪水

文政8年(1825)6月3日、大雨、洪水により、河川堤防決壊、市の坪押し流され、出合辺りは海の如し。潰家500軒、山崩1,024箇所、損毛4万石余。 続きを読む

文政8年の台風

文政8年(1825)6月3日、暴風雨により家屋損害316戸、堤防694箇所、道・橋1,590箇所、池753箇所、山崩れ1,024箇所、倒木338本、死... 続きを読む

文政8年6月の洪水

文政8年(1825)6月3日、松山で大雨のため出水し、石手川などの堤が切れ、市の坪辺りは押し流され、出合辺りは海のようになった。被害は田畑の水押・砂入... 続きを読む

文化元年8月の洪水

文化元年(1804)8月29日、暴風雨、破家1,712軒、死者14人、死牛馬18頭、損毛7万石。(「宇和島御記録」による)/8月26日、29日、風雨、... 続きを読む

文政10年の大雨

文政10年(1827)6月17日、大雨、水層25尺。去年以来凶荒に付き、扶持100石に対し4石2斗交付。(「大洲藩譜」による)/この年、松山の損毛届高... 続きを読む