文政8年の台風

災害年月日
1825年07月18日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
文政8年(1825)6月3日、暴風雨により家屋損害316戸、堤防694箇所、道・橋1,590箇所、池753箇所、山崩れ1,024箇所、倒木338本、死傷7人、水害損毛41,421石届け出。(「松山叢談」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 死者 松山叢談
NO.
愛媛701

よく似た災害

文政9年7月の洪水

文政9年(1826)7月、石手川洪水、大風雨55,978石届け出。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、御領分大風雨、損毛52,609石届け出。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛政4年の長雨

寛政4年(1792)8月、御領内雨続き不熟、損毛14,593石届け出。(「松山叢談」による) 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)夏、干ばつ、田畑不熟。損米16,428石届け出。(「松山叢談」による) 続きを読む

天明3年の洪水

天明3年(1783)8月11日、松山領で洪水、損毛24,930石の届け出。(「松山叢談」による) 続きを読む