元禄8年の風雨

災害年月日
1695年08月30日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  
概要
元禄8年(1696)7月21日深夜から翌朝にかけて、別子銅山は大風雨に襲われ、死者6人、建物・道・橋の倒壊被損2,200両余という大被害となった。
Googleマップ
参考画像
参考文献
伊藤義一「初期の別子銅山覚え書」(伊藤義一編「伊豫史談 第203・204合併号」伊豫史談会、1972年)、16頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風雨 別子銅山 死者
NO.
愛媛7134

よく似た災害

元禄8年の風雨

元禄8年(1696)7月21日深夜から早朝にかけて、別子銅山は大風雨に襲われ、死者6人、手手物・道路・橋の倒壊・破損により、2,200余両の被害を出し... 続きを読む

元禄13年7月の風雨

元禄13年(1700)7月22日、大風雨ありて死者166人。(「高知県災害異誌」による)戸波郷浅井村では山崩れありて川を埋没したので溢れ出た洪水に人家... 続きを読む

元禄4年の風雨

元禄4年(1691)、大風雨で丸亀藩内に大被害。(「庄屋記録」、「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、和歌山県潮岬の沖合の海底を震源とするM8.0の大地震が発生し、高知県沿岸には4~6mの津波が押し寄せて大きな被害と... 続きを読む

元禄4年の風雨

元禄4年(1691)8月2日、大風雨により、丸亀藩内で大被害。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む