寛延2年の地震

災害年月日
1749年05月25日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
地震・津波  
概要
寛延2年(1749)4月10日、宇和島・大分地震(M6.75)により、大洲城の品川櫓石垣、本丸多聞石垣、二之丸、三之丸の石垣が崩壊し、5年度の宝暦4年(1754)に修築が完了した。この時の地震では宇和島城も破損した。(「大洲市史」、「愛媛県気象史料」等による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
村上光「江戸時代における大洲地方の自然災害補遺」(高須賀康生編「伊豫史談 第302号」伊豫史談会、1996年)、25-26頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宇和島・大分地震 大洲城 大洲市史 愛媛県気象史料
NO.
愛媛7141

よく似た災害

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)2月2日、安芸・伊予地震(M7.0)により、大洲城のみならず、松山城、宇和島城の石垣が崩壊した。大洲城の本丸天守台、二之丸、三之丸... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震(M8.4)により、五畿七道に被害が及び、瀬戸内沿岸に津波、土佐の沿岸では村落が海没した。大洲城は石垣が崩壊し、1... 続きを読む

寛延2年の地震

image

寛延2年(1749)4月10日、伊予宇和島を震源とするM7.0の地震により、宇和島城は所々破損、矢倉も大破した。 続きを読む

寛延2年の地震

image

寛延2年(1749)5月25日、M7の地震により、宇和島城破損。 続きを読む

寛延2年の地震

image

寛延2年(1749)4月10日巳の下刻、瀬戸町三机周辺部を震源とするM7.0の地震が発生し、宇和島城が破損したほか、被害が多く出た。「東宇和郡沿革史」... 続きを読む