寛延2年の地震

災害年月日
1749年05月25日
市町村
愛媛県伊方町(三崎町)
災害種類
地震・津波  
概要
寛延2年(1749)4月10日、M7.0の地震(震央は三机沖)により、宇和島城の櫓が破損。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等による)
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三崎町誌編集委員会編「三崎町誌」(三崎町、1985年)、23頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 宇和島城 愛媛県気象史料 愛媛県土地保全資料
NO.
愛媛1233

よく似た災害

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、南海・東海大地震(M8.4)、大津波。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等による... 続きを読む

昭和50年の地震

昭和50年(1975)4月21日、大分中部地震(M6.4)により、この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等による) 続きを読む

慶長2年の地震

慶長2年(1597)、M6.9の地震により、別府で死者40人。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等による) 続きを読む

明治38年の地震

明治38年(1905)9月10日、M4.0の地震により、瀬戸内、南予で被害。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等に... 続きを読む

明和6年の地震

明和6年(1769)8月29日、M7.4の地震(震央は日向灘)により、南予で被害。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料... 続きを読む