寛文6年の洪水

災害年月日
1666年00月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)、甚雨疾風につき、大水出で。(「玉露叢」による)
Googleマップ
参考文献
村上光「江戸時代における大洲地方の自然災害補遺」(高須賀康生編「伊豫史談 第302号」伊豫史談会、1996年)、28頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
大雨 洪水 玉露叢
NO.
愛媛7146

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日晩より雨が降り、4日晩6ツ(午後6時)過ぎ、大水出る。日下村の立毛少しもなく、皆毛捨て(年貢免除)になる。(「寛文雑記」に... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月4日、大洲で甚だしい雨、疾風により大水が出て、城廻の石垣100間ほど突き崩し、そのほか家中の家々並びに民屋大半破損した。/(「... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日夜から雨が降り、4日午後6時過ぎに大水が出る。水位は小同寺の座上1尺3寸に達した。日下村(日高村)では収穫皆無となり、年貢... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日、仁淀川は江戸時代前期最大の洪水に見舞われた。「寛文雑記」 には「寛文六年丙午ノ七月三日晩より雨降り四日の晩六ツ過ぎ大水出... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日晩から雨が降り、4日晩6ツ過ぎに大水となり、小村寺の床より1尺3寸上がった。日下村では収穫皆無となり、稗がたくさん茂り、そ... 続きを読む