明治19年の台風

災害年月日
1886年09月24日
市町村
愛媛県肱川流域
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月24日、台風により、肱川が氾濫し、家屋流失などの被害が出た。
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、37頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 肱川
NO.
愛媛9017

よく似た災害

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風。中山川、加茂川が氾濫し、家屋流失60戸、溺死51人。 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)8月9日、大洪水が発生し、現在の岡地区集会所付近の被害が最も多く、死者15人、家屋流失12棟、田畑流失などの被害が出た。この年が... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)7月9日、吉野川の洪水により、負傷4名、流失・崩壊家屋239戸、破損・浸水家屋2,000戸、堤防欠損2箇所、道路破損200間など... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、吉野川の洪水により、流失家屋1軒などの被害が出た。(栄村役場「水害に関する書類」による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が九州南部から香川へ進み、別子銅山で被害。また、加茂川決壊で死者51人。富郷村でも家屋全壊流失9戸などの被害が出... 続きを読む