明治19年の台風

災害年月日
1886年09月24日
市町村
高知県高知市(鏡村)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月24日、暴風雨により各郡の諸作物に大被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鏡村史編纂委員会編「鏡村史」(鏡村教育委員会、1989年)、542頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1807

よく似た災害

明治25年の台風

明治25年(1892)7月22日~23日、暴風雨が襲来。日照り続きで困った後に暴風雨が来たので、農作物に被害が出た。特に稲作の被害が多かった。 続きを読む

明治32年9月の台風

明治32年(1899)9月7日、暴風雨による吉野川の洪水で、全壊家屋18軒、半壊家屋15軒の他、藍、稲、畑作物に被害が出た。(栄村役場「水害に関する書... 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月~8月、36日間無降水など記録続きの猛暑が続き、農作物に大被害が出た。 続きを読む

明治24年の洪水

明治24年(1891)8月16日、洪水によりかねてから憂慮していたように人家及び農作物に大きな被害が出た。(池内徳蔵「諸経歴概要記」による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)秋、暴風雨のため、人家が破壊され、農作物に被害があった。 続きを読む