昭和49年の台風8号

災害年月日
1974年07月06日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)7月6日、台風8号が梅雨前線を刺激し、時間雨量92ミリの集中豪雨となった。このため、土石流が発生し、夫婦上池が決壊、続いて下池も決壊した。濁流は木庄川を駆け下り、家屋を直撃して、住人が濁流に流されるなどした。内海町では、死者29人、重傷者18人、全壊家屋57戸、床上浸水1,081戸などの被害が出た。
Googleマップ
参考文献
木庄史編集委員会編「木庄の歩み」(木庄史編集委員会、2007年)、110-112頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 夫婦上池決壊 夫婦下池決壊 土石流 死者
NO.
香川3284

よく似た災害

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日、台風21号が高知県に上陸し、東予地方を直撃した。新居浜市では土砂崩れのため4人が死亡、四国中央市では家屋に流れ込んだ... 続きを読む

平成16年の台風15号

image

平成16年(2004)8月17日に襲来した台風15号により、17日から18日にかけて西讃、中讃で断続的な大雨となった。このため、西讃、中讃では家屋浸水... 続きを読む

明治33年の洪水

明治33年(1900)、洪水のため園瀬橋の流出を警戒中の消防手が濁流に流されて殉職した。 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日~17日に、台風19号は四国を直撃した。高松市では、新川が東山崎橋付近で2箇所決壊し、あふれた水は東山崎町周辺の団地... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号が南国市を直撃した。久枝海岸の防潮堤は長さ200mにわたって決壊し、稲生地区では下田川の高潮が逆流して泥海に... 続きを読む