昭和49年の台風8号

災害年月日
1974年07月06日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)7月6日、台風8号が梅雨前線を刺激し、小豆島では数時間にわたって毎時40~70ミリの記録的な集中豪雨となった。福田地区では死者が6人であった。なお、内海町全体の被害は、死者29人、建物全壊57戸、半壊71戸、床上浸水1,080戸、床下浸水855戸などで、内海町の被害総額は33億円余であった。
Googleマップ
参考文献
福田村誌編集委員会編「福田村誌 葺田の里」(福田地区自治連合会、2005年)、158-161頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 集中豪雨 死者
NO.
香川3415

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、内海町は台風17号に見舞われた。9月11日には内海町で日雨量819ミリ、8日から13日に至る6日間の降雨量は1,376ミリ... 続きを読む

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月6日、台風8号が梅雨前線を刺激し、夜半から集中豪雨となり、時間雨量92ミリを記録した。河川の氾濫と満潮が重なり、安田地区、苗... 続きを読む

昭和49年の集中豪雨

昭和49年(1974)7月6日から7日にかけて、台風8号が梅雨前線を刺激して、四国地方は大雨となった。内海町の太陽の丘では、6日9時から7日9時までの... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日までの間に、台風17号により、降雨量は町役場で663ミリ、小田地区では1,000ミリを超した。町内各地で山崩れ... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号に伴う集中豪雨があった。内海地区の10日から12日の3日間の雨量は年間雨量を上回る1,400ミリに達... 続きを読む