昭和32年の集中豪雨

災害年月日
1957年07月18日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和32年(1957)7月18日、108ミリの集中豪雨があり、西村の田畑、農作物が被害を受ける。
Googleマップ
参考文献
鎌田毅編「西村のあゆみ」(西村公民館、1986)、294頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨
NO.
香川3305

よく似た災害

安永3年の高潮

安永3年(1774)9月、高潮。海水が流入し、農作物が被害を受ける。(「香川県政史年表」、「香川用水史」、白鳥町広報・資料による) 続きを読む

昭和46年の集中豪雨

昭和46年(1971)7月25日、県東部に200~300ミリの集中豪雨があり、警戒中の警察官と消防士が殉職した。他に民間人2人が山崩れの被害を受けた。... 続きを読む

昭和38年の集中豪雨

昭和38年(1963)8月9日、台風9号に伴う集中豪雨により、日向谷及び父野川の奥地が被害を受けた。特に父野川節安地域では山崩れ、崖崩れが各地で起こり... 続きを読む

昭和38年の集中豪雨

昭和38年(1963)8月9日、台風9号に伴う集中豪雨により、日向谷及び父野川の奥地が被害を受けた。特に父野川節安地域では山崩れ、崖崩れが各地で起こり... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月、長雨により、農作物が大被害を受けた。 続きを読む