昭和32年の集中豪雨

災害年月日
1957年07月18日
市町村
香川県内海町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和32年(1957)7月18日、午前1時頃集中豪雨(降雨量108ミリ)。町内がけ崩れ2箇所。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、507頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 崖崩れ
NO.
香川815

よく似た災害

昭和55年5月の集中豪雨

昭和55年(1980)5月21日、集中豪雨により、がけ崩れ1箇所。 続きを読む

昭和27年の集中豪雨

昭和27年(1952)7月3日、集中豪雨。水田冠水3ha、床下浸水15戸、がけ崩れ5箇所、道路損壊1箇所。 続きを読む

昭和55年8月4日の集中豪雨

昭和55年(1980)8月4日、集中豪雨により、被害は道路8箇所、河川1箇所、農道3箇所、がけ崩れ1箇所に及んだ。 続きを読む

昭和27年の集中豪雨

昭和27年(1952)7月3日、集中豪雨により水田冠水、床下浸水、がけ崩れ等の被害。7月10日にも集中豪雨。 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日午前8時30分から翌9日午前8時30分まで、今治市を中心に集中豪雨があり、菊間小学校で149ミリを記録した。この集中豪雨... 続きを読む