天保7年の長雨

災害年月日
1836年05月00日
市町村
香川県小豆島町(池田町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
天保7年(1836)4月から8月まで雨天続きで、田方は大損害を受けた。いわゆる天保の飢饉。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「池田町史」(池田町、1984年)、585頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 天保の飢饉
NO.
香川3439

よく似た災害

天保7年の長雨

天保7年(1836)6月から8月にかけて長雨のため大凶作。飢饉により今治藩より下渡米の下付を受けた。 続きを読む

天保7年の大雨

天保7年(1836)夏秋、大雨続き、大凶作。天保の飢饉が始まる。 続きを読む

天保7年の長雨

天保7年(1836)4月から8月まで雨天続きで田方は大損耗をした。伊予松山藩の預かり地であった草加部・福田・大部3ヶ村は、12月同藩に対して、年貢全部... 続きを読む

天保4年の台風

天保4年(1833)秋、大風、洪水。天保の飢饉始まる。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

享保15年の降雹・干ばつ・長雨

享保15年(1730)5月に降雹があり、5月~6月の田植え時期には一滴の雨も降らず、7月には連日の長雨となった。さらに8月には疫病が大流行し、加えてウ... 続きを読む