大正7年の風雨

災害年月日
1918年00月00日
市町村
香川県大川郡
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)、大川郡では強風、豪雨のため、田畑の浸水、家屋の流失、稲の倒伏等の被害が大であった。
Googleマップ
参考文献
大川町史編集委員会編「大川町史」(大川町、1978年)、700頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強風 豪雨
NO.
香川4623

よく似た災害

大正13年10月の台風

大正13年(1924)10月8日、台風により、香川県内では大川郡の被害が最も多く、橋の流失、堤防等の被害があった。県内の雨量は10~150ミリであった... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が来襲し、板野郡内では死者4人、負傷者30人、家屋の全壊356戸、半壊351戸、流失25戸、床上浸水1,644... 続きを読む

大正元年の水害

大正元年(1912)9月、大水害があり、香川町で岩崎橋が流失し、浸水水田も多く、稲が倒伏して被害甚大であった。 続きを読む

大正9年8月の落雷

大正9年(1920)8月27日、仲多度・綾歌両郡で数十箇所に落雷があった。この落雷で、即死1人、人事不省9人、家屋の焼失5戸、半焼1戸等の被害があった... 続きを読む

昭和28年3月の大雪

昭和28年(1953)3月28日~29日、低気圧が四国南方海上を通ったため雪となり、平野部で5cm、山間部で5~30cmの積雪となった。季節遅れであっ... 続きを読む