慶応2年の台風

災害年月日
1866年09月15日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月7日~8日の台風に伴う洪水により、香東川では中津の五本松から北方の堤防が60間崩壊し、耕地の流失30町歩、人家の流失2戸、浸水40戸、水死者1人の被害を出した。(元木繁尾氏の資料による)また、本津川でも三軒野の南が切れて、鶴市から北方は海のようになり、浸水は三日間続いた。
Googleマップ
参考文献
高松市立弦打小学校PTA編「弦打風土記」(高松市立弦打小学校PTA、1969年)、103-104頁及び115頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 香東川 本津川 堤防決壊 死者
NO.
香川4972

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より雨が降り始め、7日から8日にさらに大雨となった。綾南町畑田地区の本津川流域では、海のように水をたたえ、舟で避難往来する... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風による豪雨は、歌仙村では山岳崩壊や菊間川の決壊などにより、川上で田畑の流失30町余、家屋の流失2戸、橋梁全て流... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月3日、洪水により、香東川では南部柦紙村中森の堤防と相作の堤防が切れ、本津川では三軒屋から南方が切れて、両者の水が合流して鶴市や... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日から8日にかけて、風雨、洪水により、佐馬地村では吉野川をはじめ諸川が未曾有の大洪水となり、佐野村では山岳崩壊により人家3戸... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日から8日にかけて、風雨、洪水により、佐馬地村では吉野川をはじめ諸川が未曾有の大洪水となり、佐野村では山岳崩壊により人家3戸... 続きを読む