明治38年の台風

災害年月日
1905年08月16日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月16日及び28日、大暴風雨により、農作物、民家等に大きな被害が出た。この時、中津の一里松や五本松が折れた。(西谷節子氏の調査による)
Googleマップ
参考文献
高松市立弦打小学校PTA編「弦打風土記」(高松市立弦打小学校PTA、1969年)、116頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
香川4982

よく似た災害

慶応2年の台風

慶応2年(1866)8月7日~8日の台風に伴う洪水により、香東川では中津の五本松から北方の堤防が60間崩壊し、耕地の流失30町歩、人家の流失2戸、浸水... 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)9月18日、台風が来襲し、竹生の一本松が倒れる。 続きを読む

宝暦7年の台風

宝暦7年(1757)7月26日、大風により、姫子隝社の神木4本と善照寺の仏木5本が折れた。(「御用日記」等による) 続きを読む

明治32年9月の台風・豪雨

image

明治32年(1899)9月21日、台風と豪雨により被害が続いた。上分村役場所蔵の記録によると、田畑の損害のほか、住家の全壊17戸、納屋その他25戸、半... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、暴風雨により、井川町中津の福成寺の御堂が倒壊した。 続きを読む