大正3年の台風

災害年月日
1914年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
大正3年(1914)、台風に伴う洪水により、檀紙中森の堤防が決壊して、現在の団地から青木・相作まで押し流された。(「高松市史年表」による)
Googleマップ
参考文献
高松市立弦打小学校PTA編「弦打風土記」(高松市立弦打小学校PTA、1969年)、116頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 堤防決壊 高松市史年表
NO.
香川4984

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)9月、台風に伴う洪水により、檀紙中森の堤防が再び決壊して、夫婦塚の民家が流失した。飯田団地から相作方面まで川原となり、墓地は流失し... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)夏、大干ばつが続いた。(「高松市史年表」による) 続きを読む

明治36年9月の大雨

明治36年(1903)9月11日、山上からの強い雨で地盤がくるい、高松市伝染病院の病室と廊下が倒壊した。(「高松市史年表」による) 続きを読む

寛延3年の干ばつ

寛延3年(1750)7月から8月にかけて、干ばつ。(高松市史年表による) 続きを読む

元禄3年の干ばつ

元禄3年(1690)6月から7月にかけて、干ばつ。(高松市史年表による) 続きを読む