明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、大暴風雨が襲来した。午後10時頃、風向が西に変わって、猛烈な台風となり、樹を折り家を倒した。多度津測候所の観測によると、風速52.5mに達したという。被害は甚大で、香川県下の家屋倒壊は14,320戸、死傷者1,300余人を数え、天皇陛下は勅使を差し遣わして、被災者に金銭を下賜された。
Googleマップ
参考文献
前田郷土誌編集協議会委員編「前田郷土誌」(前田郷土誌編集協議会、1989年)、518頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 下賜金
NO.
香川5049

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、大風、風速52.5m。県下の家屋倒壊14,320戸。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月26日午後9時に、台風の最低気圧は724.4ミリで、風速52.5m/秒に達した。県下の倒壊家屋は14,320戸、死者340人... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月26日午後9時に、台風の最低気圧は724.4ミリで、風速52.5m/秒に達した。県下の倒壊家屋は14,320戸、死者340人... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日午後10時頃、風向が西に移ってから猛烈な台風となり、樹を折り、家を倒して、多くの死傷者を出した後、風力が衰えて翌朝まで... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風の中心が三豊郡を通過し、最大瞬間風速52mを記録した。県下の被害は死者・行方不明317人、負傷者955人、家屋倒... 続きを読む