明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日午後10時頃、風向が西に移ってから猛烈な台風となり、樹を折り、家を倒して、多くの死傷者を出した後、風力が衰えて翌朝までに晴天となった。多度津測候所の観測によると、風速52.5mに達したという。近来稀な大風であったが、短時間であったため農作物の被害は少なかった。しかし、家屋の倒壊や河川の堤防決壊などが多く、死傷者も出たので、勅使を差し遣わして被災者に金銭が下賜された。古高松地区でも、家屋の倒壊が70戸に及んだ。
Googleマップ
参考文献
古高松郷土誌編集委員会編「古高松郷土誌」(高松東部農業協同組合古高松支所、1977年)、573頁及び575頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 堤防決壊 下賜金
NO.
香川5134

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風による豪雨は、歌仙村では山岳崩壊や菊間川の決壊などにより、川上で田畑の流失30町余、家屋の流失2戸、橋梁全て流... 続きを読む

明治13年の台風

明治13年(1880)9月16日午前2時頃から、台風が猛威をふるい、讃岐国では家屋の倒壊1,351戸、死傷者161人に達した。隣の多肥村では下多肥だけ... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨があり、海岸地帯に津波が押し寄せた。丸亀地方では、水害よりも風害の方が大きかった。家屋の倒壊、浸水が多く、漁船... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日の台風17号により、高松川の堤防決壊、関屋川と田滝川の合流点の堤防決壊、家屋の崩壊、鞍瀬などの山の崩壊、農地・土... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月26日午後9時に、台風の最低気圧は724.4ミリで、風速52.5m/秒に達した。県下の倒壊家屋は14,320戸、死者340人... 続きを読む