昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日早暁、台風が室戸岬の西方に上陸し、徳島市の西方を通り、淡路島を縦貫して兵庫県から北越に出て日本海に去った。この台風で、本村ではほとんど全村にわたって農作物の被害を受け、水稲で5割以上減収8町歩、3賄以上減収27町歩、3割以下減収378町歩、合計413町歩に達した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
林村史編集委員会編「林村史」(高松市役所林支所、1958年)、288-289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風
NO.
香川5087

よく似た災害

昭和17年の台風

昭和17年(1942)9月20日~21日、暴風雨により、稲作の被害が5割以上減収1町歩、3割以上減収5町歩、2割以下減収70町歩に及び、蔬菜類も5町歩... 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日、暴風雨により、水稲の被害が2割以上減収45町歩、1割以下減収343町歩に及んだ。その他農作物の被害も相当な損害を被っ... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日の暴風雨により、水稲、蔬菜に大きな損害を被った。水稲で5割以上減収39町歩、4割減収60町歩、3割以下減収280町歩で... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、香川県の稲作の被害総面積は20,568町歩(うち収穫皆無3,033町歩、7割以上減収2,523町歩、5割以上減収1... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、香川県の稲作の被害総面積は20,568町歩(うち収穫皆無3,033町歩、7割以上減収2,523町歩、5割以上減収1... 続きを読む