明治25年の洪水

災害年月日
1892年07月23日
市町村
高知県香南市(野市町)
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月23日~25日の暴風雨により、物部川橋付近の堤外地が押し流され、東岸では十善寺の深渕神社地が流出した。また、西岸三島村の堤防が約3町決壊し、濁流は稲生村(現在の南国市)に達したという。さらに、下井溝が102間にわたって崩壊流失した。
Googleマップ
備考
下井溝改築記念碑は物部川橋東詰の上流側に建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
野市町史編纂委員会編「野市町史 下巻」(野市町、1992年)、867-868頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 物部川 深渕神社 堤防決壊 下井溝
NO.
高知1659

よく似た災害

明治25年の洪水

明治25年(1892)、4、5日降り続いた雨により、物部川が氾濫し、竹が鼻の堤防が決壊し、濁水が三島村を荒廃させた。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日頃、南島・柳島の堤防が決壊し、中野島村が全村水没した。 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨で横川(横河原)の堤防が破損し、田窪村の東南に水が襲来したため、人々は水防に当たった。樋口村の字百軒と称... 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月7日と18日、那賀川下流の平島村西原から羽ノ浦町古庄の堤防が決壊。 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月7日、那賀川の堤防が平島村から羽ノ浦村にかけて180m余決壊し、洪水となった。 続きを読む