昭和38年の大雪

災害年月日
1963年01月00日
市町村
高知県
災害種類
雪害  その他(低温)  
概要
昭和38年(1963)1月から2月にかけて、大雪や異常低温により、本県はかつて経験したことのない被害を受けた。大雪の中心は梼原村方面の山岳地帯で、交通途絶した孤立地帯を救援するために自衛隊が出動する状態であった。(「高知県災害異誌」による)
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1076-1077頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 異常低温 交通途絶 自衛隊出動 高知県災害異誌
NO.
高知3443

よく似た災害

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月から2月上旬にかけて、大雪や異常低温により大きな被害を受けた。大雪の中心は梼原村方面の山岳地帯で、交通途絶した孤立地帯を救援... 続きを読む

昭和38年の低温・大雪

昭和38年(1963)1月~2月、大雪や異常低温により、かつて経験したことのない雪害、冷害などの被害を受けた。大雪の中心は梼原村方面の山岳地帯で、交通... 続きを読む

昭和31年の大雪

昭和31年(1956)1月6日、大雪により交通途絶。 続きを読む

昭和44年1月の大雪

昭和44年(1969)1月2日~3日、寒波の襲来で西部は大雪となり、西祖谷、一宇、木屋平などでは交通機関が途絶し、雪中に孤立状態となった。3日9時の積... 続きを読む

昭和44年1月の大雪

昭和44年(1969)1月2日~3日、寒波の襲来で西部は大雪となり、西祖谷、一宇、木屋平などでは交通機関が途絶し、雪中に孤立状態となった。3日9時の積... 続きを読む