昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、県内の被害は死者77人、負傷者173人、家屋全半壊1,713戸、床上浸水12,891戸、床下浸水17,232戸に及んだ。
Googleマップ
参考文献
高知新聞社編「'98高知大水害の記録 豪雨パニック」(高知新聞社、1998年)、頁なし
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 死者
NO.
高知3492

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、県内の被害は死者9人、負傷者6人、家屋全半壊175戸、床上浸水13,445戸、床下浸水23,685... 続きを読む

平成5年の台風5号

平成5年(1993)7月27日~28日、台風5号により、県内の被害は死者3人、家屋全半壊3戸、一部破損3戸、床上浸水147戸、床下浸水452戸に及んだ... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日、台風17号の襲来で県中央部に豪雨。12日、坂本高知市長が非常事態宣言。被害は死者・行方不明9人、住宅の全半壊42戸、床... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日午前6時20分、台風16号が中土佐町付近に上陸後、四国を横断し、県西部は暴風雨となった。須崎市の雨量は170ミリ(9月1... 続きを読む

昭和50年の台風5号

image

昭和50年(1975)8月、台風5号により、波介川流域の被害は浸水面積1,590ha、家屋の床上浸水1,915戸、床下浸水1,439戸に及んだ。 続きを読む