明治19年9月の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時隠岐の北に出た。佐川、斗賀野方面の被害が特に激しかった。暴風により新荘小学校校舎も倒壊した。下知にあった高知測候所は暴風雨のために庁舎の壁が吹き破られて測候不能となった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、61-62頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 新荘小学校
NO.
高知4059

よく似た災害

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、台風。暴風で新荘小学校校舎倒壊する。8月30日~9月2日の4日間の須崎の雨量は631ミリ。 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風。梼原の降雨量は264ミリ。(「高知県災異誌」による)/19時15分、高知測候所の風速計飛ぶ。(「高知県史」によ... 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)9月11日~12日、暴風雨のため石田尋常小学校校舎が倒壊。(高松気象台の資料による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により一宮は相当ひどい損害を被った。風速53mの強風が吹いたため、田村神社の随神門が倒壊し、組合立高等小学校も倒... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により須崎小学校の一部倒壊。上分村の記録では、倒壊家屋17戸、半壊9戸、小学校含めて大破18棟。桜川も氾濫した。... 続きを読む