昭和7年の大雨

災害年月日
1932年09月08日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通って北東進したため大雨となり、伊野周辺の宇治、高知等で久万川、鏡川が氾濫して洪水被害。各地の雨量は伊野で328ミリ、高知で230ミリ、
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、75頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
低気圧 大雨 久万川 鏡川
NO.
高知4080

よく似た災害

昭和7年の洪水

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通って北東進したため、局地的に大雨となった。伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が発生し、久万川、鏡川が氾... 続きを読む

昭和7年の洪水

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部をとおり、伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が出た。伊野の雨量は328ミリ。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通り、伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が出た。雨量は桑尾で340ミリ、伊野で328ミリ、大野見で321... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧による大雨。26日の雨量は大正320ミリ、梼原207ミリ、具同198ミリで、具同の水位は27日3時に... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、台風が土佐東部をかすめて北上した。雨量は伊野で234ミリ、別府448ミリ、長者380ミリで、被害は大きかった。(「高知... 続きを読む