昭和10年の台風

災害年月日
1935年08月28日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月28日15時、台風が清水付近に上陸した。雨台風で、渡川の洪水は明治23年以来と言われ、被害は甚大であった。須崎の雨量は200~400ミリで、被害は全壊1戸、半壊25戸、流失1戸、浸水30戸、海岸道路数箇所決壊に及んだ。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、76頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水
NO.
高知4082

よく似た災害

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号が北上した。12日~13日の雨量は東津野で628ミリ、梼原で582ミリで、渡川では洪水となった。須崎の被害... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日、台風により須崎の雨量は200~400ミリ。被害は全壊1戸、半壊25戸、流失1戸、浸水30戸、海岸道路決壊数箇所。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、台風15号(ルース台風)により、山岳部では200~300ミリの降雨があった。13日~14日の雨量は東津野で304ミ... 続きを読む

昭和30年の台風22号

昭和30年(1955)9月29日夜半前から30日午前中まで、県南部は台風22号の暴風雨圏内に入った。28日~29日の雨量は東津野で748ミリ、梼原で4... 続きを読む

昭和28年の台風2号

昭和28年(1953)6月7日昼過ぎから、台風2号により、短時間風雨が強くなり、徳島の最強風は南東23.9mを記録した。県内の雨量は100ミリ内外であ... 続きを読む