昭和34年の台風6号

災害年月日
1959年08月08日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)8月8日、台風6号が足摺から安芸市付近を東北に進んだ。仁淀川、渡川上流域や魚梁瀬地方などでは総雨量700ミリに達し、渡川では8日警戒水位を突破した。6~8日の雨量は梼原で468ミリ、大野見で484ミリ、大正で415ミリ、越知で675ミリに達した。須崎付近では下郷橋が流失したが、損害は軽微であった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、83頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 仁淀川 渡川 下郷橋流失
NO.
高知4104

よく似た災害

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号により、特に渡川・仁淀川上流域で大雨が集中した。東津野では総雨量900ミリで、仁淀川は20日に警戒水位を突破... 続きを読む

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)1月下旬、各地で大雪となった。本県山間では交通が止まり、小中学校が臨時休校した。最深の積雪は大正で10cm、梼原で60cm、東津... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風が枕崎に上陸し、米子に抜けた。16日~17日の雨量は東津野で680ミリ、梼原で406ミリ、大野見で394ミリに達... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日、台風29号(キジア台風)が鹿児島県の志布志湾に上陸し、九州を縦断した。具同の水位は14日3時に7.85mに達し、中村... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を北上した。21日~24日の降水量は土佐清水495ミリ、三原875ミリ、川崎941ミリ、大正959ミリ... 続きを読む