昭和46年の降雹

災害年月日
1971年05月14日
市町村
高知県
災害種類
その他(ひょう)  
概要
昭和46年(1971)午後1時過ぎ、高知県西部で降雹があった。被害が最も大きかった窪川町では、タバコ23haのうち8割以上が被害を受け、そのうち2haは全滅となった。梼原町ではタバコ4ha、大野見村ではタバコ2haが全滅、1haが5割の被害を受けた。県下5市町村で6,000万円の被害が出た。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、99頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
降雹
NO.
高知4117

よく似た災害

平成元年5月の降雹

平成元年(1989)5月26日早朝、県南部で雹が降った。阿南市の新野・福井・椿地区及び日和佐町では直径1~2cmほどの大きさの雹が降り、ビニールハウス... 続きを読む

平成元年5月の降雹

平成元年(1989)5月26日早朝、県南部で雹が降った。阿南市の新野・福井・椿地区及び日和佐町では直径1~2cmほどの大きさの雹が降り、ビニールハウス... 続きを読む

昭和50年6月の降雹

昭和50年(1975)6月12日午後0時半頃から約10分間ひょうが降り、東俣名から広棚付近の収穫前の葉タバコ7haに約200万円の被害を受けた。 続きを読む

昭和50年6月10日の降雹

昭和50年(1975)6月10日、上空に寒気が流入し大気が不安定となり、県内各地で雷が発生し、一部で降雹を伴い農作物が被害を受けた。神山町では直径1c... 続きを読む

昭和50年6月10日の降雹

昭和50年(1975)6月10日、上空に寒気が流入し大気が不安定となり、県内各地で雷が発生し、一部で降雹を伴い農作物が被害を受けた。神山町では直径1c... 続きを読む