昭和46年の台風23号

災害年月日
1971年08月29日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和46年(1971)8月30日16時、台風23号は土佐清水市南部を横切り、20時前に南国市付近に上陸し、徳島県を経て、近畿、東海地方に進んだ。台風の速度が非常に遅く、高知県では29日正午前から30日夜半頃まで10m以上の強風が続いたまた、県内の総雨量は特に西部山間部で多かった。須崎市の被害は住家の一部破損320棟、床下浸水17棟、非住家120棟に及んだ。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、99頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風
NO.
高知4118

よく似た災害

平成23年の台風6号

平成23年(2011)7月20日0時30分頃、台風6号が徳島県南部に上陸した後、10時頃潮岬付近を通過した。台風6号は動きが遅く、湿った空気が高知県に... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。県内の雨量は長者で364ミリ、名野川で339ミリ、別府で295ミリに達し、県内の被害は死... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月28日~29日、台風21号により、県下全域で総雨量100~450ミリの豪雨が発生した。特に西条市の黒瀬ダムでは29日16時~... 続きを読む

昭和30年のオパール台風

昭和30年(1955)10月20日、台風26号(オパール台風)が四国の南方を通って紀伊半島南部に上陸した。徳島県では20日早朝から風雨が強まり、夕刻に... 続きを読む

昭和30年のオパール台風

昭和30年(1955)10月20日、台風26号(オパール台風)が四国の南方を通って紀伊半島南部に上陸した。徳島県では20日早朝から風雨が強まり、夕刻に... 続きを読む